手織通信講座

2015.1/28〜8/20 手織技能認定講座受講。


課題1 木綿布の裂き織りランチョンマット

1/28 

裂き布の角が織地の端に来た時、織り終わりのよこ糸の位置、房を作る時の捨て糸の取り出し方などを学びました。



課題2 カラフル縞のテーブルセンター

2/9 

端織り、色替え時の端処理を学びました。同じ段で処理をする。これがなかなか分からなくて…余った材料で復習しよう。


課題2の復習

2/9 

余った材料でミニマットを織ってみました。色替え時の端処理を同じ段で行うことをしっかりマスターしました。



課題3 和紙を織り込むキャンディーボックス

2/14

2本の糸を交互に変えて織る場合、端で糸をからめながら織る。 

和紙と綿糸が同じ段で織らないように気をつけて織ったのだけど、2カ所間違いがありました。 
織っている途中に離れた所から確認をする。これは本当に大事ですね。 


課題4 あじろ模様のテーブルセンター

2/25 
 あじろ織り、説明を聞いただけではどうしてこういう模様が出るのか?不思議でした。 
織ってみるとちゃんと模様が出てくるんですね。 

太い糸の折り返した糸処理、端のたて糸の緩む原因、細かいことがとても大切なこと。 
一つ一つ知らなかったことが身に付いていってます。 



課題5 ホワイトマフラー

3/7 
シンプルにふんわりと織る。思いのほか難しかった。 
私は、よこ糸の糸端の折り返しが緩いようなので、もう少し引き気味にしながら織って行こうと思います。 

織り始め織り終わりのよこ糸の糸端処理が苦手で、これからの課題を織りながら克服しつ行かなきゃ。

課題6 千鳥格子のマフラー

3/20 
たて糸よこ糸2本交互に織ると千鳥格子になる。不思議。 
房が難しい。 
縮絨したら、よこ糸の一段目が緩んでしまう。房の撚りが根本まで出来てないことが原因。 
練習を重ねて覚えて行こう。

課題7 平織りのパターン

4/2 平織りだけのパターンが色々。模様が出てくると楽しい。 
よこ糸の1段目は角度をつけずに打ち込む。私が忘れる注意点。 
左が縮絨前、右が縮絨後。目が詰まってふんわり〜(*^_^*)

課題8 あじろ織りのマフラー

4/19  打ち込みが弱く、失敗した!とドキドキ。房を作ると一段目のよこ糸が緩んでしまう。 
先生がサンプルを織ってその都度画像を撮って下さり、とても参考になりました。 

課題8の復習

打ち込みの加減と房が気になったので手持ちのウールで同じあじろ織りのマフラーを復習で織ってみました。


課題9 マット織り・幾何学模様の花瓶敷

5/5 たて糸を2本ずつ上下になるように張り、両端だけ3本にして強度を持たせ、たて糸が見えないように織る『マット織り』。 
しっかりして好きな織り方。 
でも中央の模様の目が揃わず難しい。


課題10 綴れ織り・家のカタチを織り出すタピストリー

5/21 綴れ織り、やってみたかった織り方。思っていた以上に難しい。色の替え方にはダブルロックとシングルロックあり、この織りはダブルロック。毎段、糸をひっかけるようになるためギザギザになる。私はこのギザギザが気になってしまいました。

課題11 マット織り・裂き織りのバスマット

5/30 デザインを自分で考えて織る課題。 
たて糸を見えないように打ち込むマット織り。この織り方好き。 
カラフルなマットが完成。先生から、初めて💮頂いちゃいましたぁ(*^_^*)

課題12 ノット織りハートのコラージュ

6/6 初めてのノット織り。楽しいの一言。カットは難しかったけど、絨毯のようになるこの織りは好きです。 
またまた💮頂きました(*^_^*)

課題13 ノット織り・フサフサのショートマフラー

6/12 ノット織りの毛足を、シャトルの巾で作る時に、余裕を持たせなかったため短めの毛足になってしまい、平織りの密度をつめて織りました。 


課題14 浮き織りのサンプラー

6/25 浮き織り、はさみ織りともとても楽しい織り方でした。 
ただ、糸処理に悩みました。 


課題15 浮き織り・疑似ラフィアのテーブルセンター

たて糸の本数を間違えてしまった。
打ち込み加減が弱く、一度解き再度織り直し。
それでも打ち込み具合が緩めになってしまう。
最初と最後の端織りが模様になっているが、最後の端織りをはさみ織りをしてしまい間違えてしまった。

課題16 浮き織り・変わり糸のクッション

モール糸はたて糸張りから大変でした。
織り始めるが浮いてしまったことと、
グリーンとグリーンの模様が入っていない部分でたるみが出て、浮き織りのグリーンの糸を引き過ぎてしまった。

課題17 透かし織りのサンプラー

透かし織り、好きな織りだけど、、、難しい。
打ち込みが弱く最後の模様が織れなくなり、一度全部解きなり直し。

私はたて糸を強く張った状態で織っていた。
たて糸を交差させる織り方の場合は
交差させる分たて糸にゆとりが必要になるし今回の糸は太くて硬い綿糸。余計ゆとりが必要になるとのこと。
1.2目盛り緩めて織る方が良い。

課題18 透かし織りの夏糸ショール

またやってしまった…
1割縮むことをつい忘れてしまう。
平織り110㎝の所まで解き、縮み分を加えながら再度織った。
一ヶ所、模様と模様の間の平織りを1段多く織り過ぎてしまってました。

課題19 スペース織り・竹ひごの花瓶敷

打ち込みが弱く、一度全然解いてやり直ししました。

課題20 スペース織り・ビーズを織り込むバッグ

よこ糸がなくなった時、端で折り返すのではなく、2本を重ねた方が2重になる部分が一ヶ所になるので、こちらの方が良いとアドバイスいただきました。

課題21 スペース織り・モコモコショール

この課題は 不思議な織り方でした。
平織りの部分を偶数にするか奇数にするか?空間を空ける部分を偶数にするか 奇数にするか?
たて糸の本数をどう決めたら良いのか?
まだまだ、理解不足です。

一ヶ所交差のさせ方が逆になっているところがありました。

課題22 透かし織りの麻暖簾

とても大きな課題なので、織り幅を均一に織るよう気をつけました。

課題23 絣・木綿のよこ絣

初めての染めを経験しました。
絣部分をしっかり縛り、きちんと正確に染めをしないと、織る時にズレが出て難しい課題でした。

課題24 絣・ラフィアのやたら絣

斜線織り。咲きおりならではの織り。
1本ずつズラしながら織る。
好きな織り方でした。